肩こりの店〔治療部門〕

レントゲンやCT等で異常がないと診断されても痛みや不調は実際に起こっています。
人間構造学を駆使して原因を解明し、その症状を緩和し治癒させます。



コース&料金

人間構造学を取り入れています。

人体は機能的構造学として「骨格」「筋肉」「神経」「内臓」の4つに分類され、痛みや違和感にすべてで連動し関係しています。背骨のサブラクセイシュン(歪み)により神経の伝導(電気信号)が異常をきたすと筋肉が正常でなくなり「肩こり」として感じてしまいます。 この場合は筋肉をほぐすだけでなく、原因となる背骨の歪みを治さなければ「肩こり」は解消できません。また心臓や大血管の病気による肩こりも視野に入れながら治療をすすめていきます。 当店のボディマイスターは、身体の構造の詳細を理解し、様々な疾患はどのように構造が変化し、関係しているのかを考え治療します。 人間構造学は教科書や医学書に載っていない臨床医学です。

つらい肩こりをお持ちの方は「トコトン」ほぐします。

—[TOKOTON]—

全身がしんどいかたは「くまなく」ほぐします。

—[KUMANAKU]—

マタニティの方は「やさしく」ほぐします。

—[YASASHIKU]—

京都桂坂のちょっと贅沢な手もみほぐし

— Kyoto katsurazaka
Co-medical Office—

過去の取扱い症例

Q:アトピー性皮膚炎はどうしたら改善するの?

A:1型アレルギーです。原因としては腸内細菌の減少による免疫力の低下が多く、5層からなる表皮が乱れている状態と考えます。皮膚に勇心酒造のアトピスマイルクリームを塗布すると2ヶ月くらいで改善します。ミドリムシやカルピスL-92乳酸菌などの善玉菌を摂取するとさらに効果的です。ただしジュクジュクした皮膚炎には原因として黄色ブドウ球菌が付着している為にステロイドもしくは抗生物質の塗布が必要です。


Q:小児喘息(ぜんそく)はどうしたら改善するの?

A:1型アレルギーです。原因としては腸内細菌の減少による免疫力の低下が多く、主にダニ(ハウスダスト)によるアレルギー反応です。ダニが1番多いのはベッドや布団です。布団を山清環境アレルギーのアレルギークリアに変えるだけでその日にほぼ改善します。家からベッドや布ソファーをなくすとさらに効果的です。ほこりがたまらないよう掃除をまめにしてあげてください。ミドリムシやカルピスL-92乳酸菌などの善玉菌を摂取するのも良いです。


Q:片頭痛,緊張性頭痛はどうしたら改善するの?

A:脳に必要な血液が足りないときに酸素不足や栄養不足で起こることが多いです。また頭蓋骨の歪みや筋膜の張りにより痛みがでる事もあります。頚動脈の流れを阻害している肩や首のポイントとなる筋肉をほぐし、頭皮筋膜の緊張を指で緩和し改善させていきます。また頭蓋骨の歪みにあわせたマッサージも効果的です。


Q:うつ病,不眠症はどうしたら改善するの?

A:嫌なことをさせられてる、どうしようもない悩みが自律神経の不調をきたし、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質が不足してるのが原因でしょう。心療内科を受診し薬を服用すると脳内神経伝達物質を作り出すのに時間がかかり、離脱症状を生じさせ抜け出せなくなります。薬の服用前に背骨(交換神経)や頚部(副交感神経)の自律神経系を整えることで症状が劇的に改善することがあります。


Q:吐き気、車酔いはどうしたら改善するの?

A:内臓を支配している迷走神経の働きを手技により良くすることによりかなり改善できます。


Q:めまいはどうしたら改善するの?

A:めまいは大きく分けて3つに分類しています。
① メニエール(耳の内リンパ水腫)→回転性のめまい→耳の内部にあるリンパ液の不均衡により症状が出ます。ほとんどが過労により発症し2日ほどで改善します。なかなか症状が改善しないときは耳にいく血液循環のポイントを整えることで早期改善ができます。
② 小脳系→ぐらぐらするめまい→後下小脳動脈の梗塞や頚椎椎骨動脈解離もまれにありますが、ほとんどは頚椎椎骨動脈の流れの悪さです。頚椎の歪みにより椎骨動脈が折れ曲がり小脳に十分な血液が送らないのでめまいが生じます。頚椎の歪みを探し出し椎骨動脈を正常にしてあげると改善します。
③ 自律神経系→ふらふらするめまい→そのまま自律神経の働きの悪さにより症状がでます。背骨(交換神経)や頚部(副交感神経)を整える事により改善します。

Google map

専用駐車場4台あります

診療時間

毎週木曜日はレディースday
女性の方はすべてのコース10%OFF